記事一覧

センナリホウズキ?

20180912_124045.jpg 

こんにちは。

温室の外に仮置きしていた使用済みヤシ殻培地(ココスラブ)から珍しい植物が育っていました。

見た目、ホウズキのように見えますが・・・、

植物にはあまり詳しくないので植物図鑑と画像検索で調べてみました。










「センナリホウズキ」「ヒロハフウリンホウズキ」


ホウズキで調べてみると似たようなものがありました、

「センナリホウズキ」「ヒロハフウリンホウズキ」

予測候補は二種類、これのどちらかじゃないかなと思います。




花の開花時期は夏、

小さな果実が無数についていますが、

ホウズキのようには赤く色づかず緑色のままのようです。



トマトと同じ「ナス科」に属するみたいです。










注目は根の張り


仮置きしていた使用済みヤシ殻培地(ココスラブ)で生育していましたが、

培地の袋を開いてみると根の張りが見事でした。

水を与える事もないので、雨で染み込んだ水分で成長したようです。

栽培していたトマトの根とは比べ物にならないくらいの根の生育、

非常に興味深い発見でした。

今後のトマト栽培の参考にしたいです。










まとめ


ヤシ殻培地(ココスラブ)は輸入品なので、

外来種の種が紛れ込み、発芽して成長することがあると考えられるため、

少し期待しましたがどうやら違ったようです。


また次回、見慣れない植物が成長したら調べてみたいと思います。



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク

プロフィール

ghtomato

Author:ghtomato
初めまして、温室でのトマト栽培に従事。
設備の老朽化でトラブルの多い日々を記録しています。



詳しくはカテゴリからプロフィールをご確認ください。

プライバシーポリシー