記事一覧

温室トマト 4月の栽培状況

20180427_073850.jpg


こんにちは。

早いもので4月も終了する。

温室トマトのトマト栽培も5月に入り、いよいよ終盤になる。

4月のトマト生育状況と温室環境の変化をまとめてみたいと思う。


前回3月の記事「温室トマト 3月のトマト栽培状況」



トマトの生育状況


20180427_073604.jpg

温室トマトで栽培しているトマト 

「りんか409 サカタのタネ」


播種より42週目

生育調査より 1本あたりの平均値 


総伸長量      約 6m42.2cm

週平均伸長量   約17.5cm

茎径         約10.9mm

総葉数       約 73.8枚

現平均葉数    約 16枚

総花芽段数    約 22.4段

総着果数      約 77.6個

現着果数      約 21.6個




トマトの生育はおおむね順調だ、4月に入り気候も安定し良く晴れた日が続いているためだ。

生育速度も安定している、一週間で花芽も一段開花しているペース。










20180427_073659.jpg

成長点付近の生育状況として、少し茎径が細めになってきている。

花芽も見た目で判断して、少し色が薄くなって弱く感じられる。

おそらく、トマトの着果負担がかなりかかっているためだろう、

さすがにスタミナも衰えてきていると考えられる。

今後は、現状維持でトマトの収穫に重点をおいていくことになるだろう。










20180427_073715.jpg

トマトの着果と肥大にかんしては特に問題は無い。

現在、開花している花が6月の収穫量を左右することになると考えられる。

できる限りトマト果実の肥大を進めて収穫量を増やしたいところだ。










20180427_073734.jpg

葉の生育状況も順調そうだ、とくに葉色が薄くなっていることもなくいい感じだ。

問題ないだろう。










20180427_073541.jpg

問題は根の生育状況だ、あまり順調そうには見えない。

新しい根の伸長があまり見られず、根の張りも弱く感じられる。

水分管理面があまりうまく管理できていないと考えられる、今後の検討課題だ。







以上が温室トマトのトマト生育状況になる。

おおむね順調だと思う、今後5月以降は収穫量が重要になる。

出来る限り、収穫量を増加できるように生育させたい。










温室環境制御


20180427_193546.jpg

4月は良く晴れた日が続いた、温室内の温度も高くなり暑く感じ始めている。

日の出が少しづつ早くなってきているため、早朝の昼温度に切り替える時間を

少し早めた。日中の平均温度が上昇するのでさらに伸長するのに期待したい。


日中はさすがに暑い、太陽の日射も強く温室内の温度も高い。

換気用の天窓も日中は全開近くまで開いているが、外の温度も高いため

温室内の温度を制御することも出来なくなってきている。

そのため遮光カーテンを使用してトマトの樹の体温上昇を抑えている状況だ。


日の入りから夜にかけては暖房装置による加温はせず、自然に温度が下がる

ように制御している。夜間は外気温も低くなるため温室内の温度制御については

ベストな値だと思う。









20180427_123452.jpg


加温装置については、4月の中旬くらいで休止している。

早朝の冷え込みも緩やかになったのと、外気温も上昇しているためだ。

寒く感じた日もあったが、まあ問題ないだろう。










20180427_193622.jpg

天窓の制御で注意したいのが、温度を下げるために換気窓を解放しすぎないことだ。

温室内が乾燥しすぎると葉の萎れなどが起きてしまうためだ、ある程度の湿度は必要となる。

その湿度制御がこの時期は難しいのだが・・・。











作業管理


20180427_073754.jpg


トマトの作業管理の状況は今の所遅れることなく順調だ。

4月に入り収穫量も増加しているが収穫と選別作業にそれほど時間は取られていないためだ。

昨年の同じ月に比べると少し収穫量が少ないのが要因だと考えられるが、

作業管理が遅れてしまっているよりはいい、今後の収穫量の増加に備えたい。










20180427_073624.jpg

トマトの「巻き付け作業」は、できればこれくらいの状態には作業を進めていきたい。

これ以上に伸びてしまうと、作業時間が増加し始める。

巻き付け作業はこの時期に遅れ始めると手に負えなくなり、終盤の収穫量にも影響する。

何としてでも遅らせないようにしたい。










収穫量と相場


20180427_073830.jpg

4月の収穫量は約25t、1日平均1.25t、前年と比較しても少ない。

上旬から中旬にかけての収穫量が思うほど増加しなかったのが大きい。

中旬から下旬については収穫量も増加してきたのでそこそこ持ち直したのだが、

4月トータルの収穫量は少なくなってしまった。

トマトの品質についてはとくに問題はなさそうだ、MサイズとLサイズが比較的多い。



トマトの相場についてだが3月に引き続き横ばいの状況で安値が続いている、

4月後半になっても価格は上昇しない、大型連休前でこれでは連休後はどうなるのだろうか。










まとめ



温室トマトの4月の栽培状況は以上となる。

生育状況としては悪くはないと思う、これから終盤にかけても現状を維持したい。

作業管理では今後の収穫量の増加で時間が限られてくるが出来る限り進めておきたい。

5月以降の終盤は収穫量を増加できるように・・・。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク

プロフィール

ghtomato

Author:ghtomato
初めまして、温室でのトマト栽培に従事。
設備の老朽化でトラブルの多い日々を記録しています。



詳しくはカテゴリからプロフィールをご確認ください。

プライバシーポリシー