記事一覧

2020年9月下旬から10月下旬までのトマト生育状況 37週目 トマトの生育|温室内栽培環境|果実収穫量

こんにちは温室トマト管理人です。今回の記事は2020年9月下旬から10月下旬までのトマト生育状況の記事となります。





トマト生育状況37週目(苗移植から270日)


20201031_210702.jpg
※2020年10月31日15:25分 

トマト苗移植から37週目(約270日経過)

トマトの品種 「りんか409」 サカタのタネ

草丈     平均6m63cm

週間伸長量  平均11cm

茎径     平均9.2mm(生長点花芽付近)

葉の長さ   平均30.7cm(生長点付近)

本葉の総枚数 平均84枚

現在の本葉枚数 平均17.7枚

花芽段数    平均27段目

生長点から花芽までの長さ  平均4.7cm

果実の総着果個数  平均70.2果

現在の着果数    平均10.2果

トマトの樹の着果段数 平均4段





20201031_210613.jpg
※2020年10月31日15:28分 「りんか409」の27段目の花芽

トマトの苗移植から37週目、暑かった夏を乗り越えようやく涼しくなりトマトの生育も正常に戻ってきたように見られます。特に改善してきているのがトマトの着果個数です花芽がしっかりと着果し花落ちがかなり少なくなりました。





20201031_210557.jpg
※2020年10月31日15:29分 「りんか409」の成長点

トマト苗移植から37週目の生長点の状態、週間伸長量は平均11cmで生長点花芽付近の茎径は平均9.2mm。9月と比較して伸長量は少し落ち着いてきていますとくに悪くもなく良くもなくと言った感じです。










温室内栽培環境


20201031_210449.jpg
※2020年10月31日15:42分

次に9月下旬から10月下旬までの温室内栽培環境を見ていきます。





温室内温度変化
2020 10月温室内温度
※赤い線で囲っている部分が9月下旬から10月下旬までの温室内温度変化になります。
※黄色の線は日中温度、茶色の線は夜間温度、黄緑色の線は最高温度、紫色の線は最低温度、水色の線は平均温度になります。

日中温度・最高温度
10月に入り日中温度は30℃を越える事はあまりなくなりました、天気の良く晴れた日は25℃~30℃の間で温室内温度は推移している感じです。

夜間温度・最低温度
9月下旬頃から日に日に下がってきているのが夜間から早朝にかけての外気温になります、それにともない温室内の夜間・最低温度もかなり下がってきています。加温装置による暖房はまだ行っていないため10月下旬ごろには10℃を下回る日も出てきています。





温室内平均温度・積算温度
2020 10月平均温度
※水色の線で囲っている部分が9月下旬から10月下旬までの温室内平均温度・積算温度になります。
※黄緑色の線が温室内平均温度、赤い線が積算温度になります。
※積算温度は平均温度を日数分足していった数値グラフとなります。

温室内平均温度
9月と比較して日中温度と最高温度はそれほど下がってはいませんが夜間温度・最低温度は10月に入りかなり低下してきています、そのため平均温度も下がり20℃~25℃の間で推移しています。今後は日中温度も下がってくるため平均温度も20℃を下回る日が多くなってくると考えられます。










トマトの果実収穫量


20201031_210630.jpg
※2020年10月31日15:26分

夏の高温時期に比べると気温が下がり着果数が安定してきているトマトの花芽、9月下旬から10月下旬までのトマト果実収穫量を見ていきます。





トマト出荷量グラフ
2020 10月トマト出荷量
※オレンジ色の線で囲んでいる部分が9月下旬から10月下旬までのトマト出荷量になります。
※緑色の線は日別の出荷量、赤色の線は出荷量の積算になります。

9月のトマト収穫量が底を打ったとするならば10月の収穫量は徐々に増加しているともいえる状態ですが横ばいとも言えます。花落ちしていた段数を越えたため極端に収穫量が無い日は減っていますが日量平均500キロで今のところ安定しています。
今後の収穫量の予想として横ばいか微増程度で推移すると考えられます、着果は安定していますが収穫するまでに必要な積算温度が温室内平均温度の低下で日数が必要になってくるからです。加温設備による暖房など温室内平均温度を何℃に維持していくかが重要となります。










まとめ


今回の9月下旬から10月下旬までのトマト生育状況のまとめ

伸長量はあまり伸びなくなってきていますが花芽の着果状態は花落ちも無く良好。

温室内栽培環境は日中の温度も下がり生育には良い状況に、夜間から早朝にかけ温度は日毎に下がってきているがまだ加温は開始していない。

トマトの果実収穫量は徐々に回復してきているがまだまだ少ない状況、こんごもしばらくは横ばいか微増程度で推移すると考えられます。


以上です、10月以降のトマトの生育状況についてはまた次回記事にしたいと思います。


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク

プロフィール

ghtomato

Author:ghtomato
初めまして、温室でのトマト栽培に従事。
設備の老朽化でトラブルの多い日々を記録しています。



詳しくはカテゴリからプロフィールをご確認ください。

プライバシーポリシー