記事一覧

2020年6月中旬~7月中旬 トマトの生育状況24週目 夏越し栽培序盤の生育|収穫量|温室内環境 

こんにちは、温室トマト管理人です。今回の記事では2020年6月中旬から7月中旬までのトマトの生育状況について書いています。温室トマトでは初めての試みとなる夏越し栽培序盤の状況、トマトの収穫量、そして何より夏の温室内栽培環境がどのような状況になっているのか記事にしています。





トマトの生育状況


20200720_073246.jpg

トマトの苗移植から24週目(約167日経過)

品種 「 りんか409 」 サカタのタネ

草丈  約3m96cm

週間伸長量  平均12.7cm

茎径   9.2mm(生長点の花芽付近)

葉の長さ  平均34.7cm(生長点付近の本葉)

本葉の総枚数  約54枚

現在の本葉の枚数  平均14.2枚

花芽段数  平均16段目

生長点から花芽までの長さ  平均20.5cm

果実の総着果個数  約47.5果

現在の着果個数   平均12.5果

トマトの樹の着果段数   平均4.7段









24週目のトマト生長点付近
20200720_073335.jpg

トマト苗移植から24週目が経過し草丈は約3m96cmまで成長しました、成長点花芽付近の茎径は平均9.2mm見た目でも少し細く感じます。週間伸長量は平均12.7cm。









成長点付近の本葉の状態
20200724_210807.jpg

本葉の総枚数は平均54枚目まで展開。生長点付近の本葉の大きさは平均34.7cm、24週目のトマトの樹に残してある本葉の枚数は平均14.2枚。冬から春の本葉に比べ葉が小さく淡い緑色に感じられます。









生長点先端部分の花芽 16段目
20200726_182831.jpg

24週目に入ったトマトの花芽段数は平均16段目、花の開花数は平均4~5花が開花しています。









着果不良の花芽 14段目~15段目
20200724_210748.jpg

14段目から15段目の花芽で着果不良を多く確認しました。要因としては雨季に入り長雨で天候不順の日が多く灰色かび病が発生したのが一つ。もう一つの考えられる複合要因として5月中旬から6月中旬までの作業の遅れによる花芽の落花、主茎のまきつけ切り替えしによりトマトの樹の果実着果バランスが崩れ14段目~15段目の花芽に負荷がかかってしまったのと、雨季の日照不足と高温多湿が影響したと考えられます。










トマトの収穫量


トマト出荷量 7月中旬
※4月下旬から出荷を開始してから7月中旬までの61日分の出荷記録。

6月中旬から7月中旬までのトマト収穫量は約40トン、収穫を開始してからの合計はもう少しで100トンを越えそうです。トマト出荷量は6月中旬から下旬にかけてそこそこ安定していましたが7月に入ってから急激に少なくなりました、7月上旬から中旬にかけてのトマト収穫量も少なく推移しています。

今後のトマト収穫量の増加は7月下旬から8月上旬ころからになりそうですが5月・6月のような大幅な収穫量の増加にはならないと考えられます。現状の少なくなっている時期に比べて多少、収穫量は増加してくるかなと言ったところです。










温室内環境


温室内温度 5月中旬~7月中旬
※トマト苗定植から7月中旬までの温室内温度記録。(日中温度、夜間温度、最高温度 最低温度、平均温度)

6月中旬から7月中旬までの温室環境について。雨季に入っていることもあり雨の日と曇りの日が多く湿気の多い環境が続いていますが良く晴れた日は逆に乾燥しすぎるほどになります。温室内温度は6月中旬から下旬になるにつれ室温も上昇し7月中旬頃には最低温度が20℃を下回る事はほとんど無くなりました。日中の温室内温度は30℃を越える日も増えてきていますがすでに外気温は30℃を越えています、温室内はトマトの樹がある為か少しだけ温度が低くなっていると考えられます。

今後は雨季が終了してから夏本番に入ります、7月下旬から8月中下旬までの温室内環境がどんな感じになるのか記録しておきます。










まとめ


以上で6月中旬から7月中旬までのトマトの生育状況の記事となります、夏越しでのトマト栽培24週目に入りましたが今のところ深刻な問題は出ていないように感じます。これから本格的に夏の高温時期に入りますがトマトの生育に影響が出ないか良く観察して記録しておこうと思います。

それではまた次回のトマトの生育状況にてよろしくお願いします。






関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク

プロフィール

ghtomato

Author:ghtomato
初めまして、温室でのトマト栽培に従事。
設備の老朽化でトラブルの多い日々を記録しています。



詳しくはカテゴリからプロフィールをご確認ください。

プライバシーポリシー