記事一覧

トマトの葉 マグネシウム欠乏について症状と対策方法

こんにちは。

温室トマトで栽培しているトマトの樹は全部同じように見えますが、その中には病気のトマトの樹とか生理障害が出ているトマトもたまに見かけます。温室内は同じ環境に見えますが場所によって少しずつトマトが生育している環境が違います。
今回はトマトの生理障害の一つ「マグネシウム欠乏」について症状と対策方法についてテーマにしたいと思います。







マグネシウム欠乏を起こしているトマトの葉

20190227_185018.jpg 
マグネシウム欠乏の症状はトマトの葉に見られ、葉が黄色く黄化し見た目に現れます。葉の葉脈は緑色が残っていますが葉脈と葉脈の間は黄色くなっています。






黄色くなっている葉の位置

マグネシウム欠乏の症状が見られるのはトマトの樹の下側にある葉です。どちらかと言うと古い葉に症状が現れ成長点付近の若い葉には見られません。葉の先端部分での黄化がみられ主茎に近づくほど症状はあまり見られません。






マグネシウム欠乏の症状を確認した時期は?

今シーズン、マグネシウム欠乏を確認したのは2月の下旬、栽培開始の種まきから約19週目に入った頃で、本葉の18~20枚目の葉になります。トマトの樹には約17枚くらいの葉を残していますがマグネシウム欠乏の症状が出ているのは下側の葉になり、1~2枚の葉に症状を確認しています。






欠乏症状が発生している本数

マグネシウム欠乏の症状が見られるトマトの樹はほんの少しです。温室内で栽培しているトマトの樹すべてに症状が出ていることは無く、作業通路側のトマトの樹に数本症状が出ている感じになります。

 








 

マグネシウム欠乏が起こるとトマトの葉はどうなる?

20190227_185034.jpg 

マグネシウム欠乏が起こるとトマトの葉は黄色く黄化しますが、これは葉の緑の色素となるクロロフィルがマグネシウムが不足する事で減少するためのようです。緑の色素が減少すると光合成を行うための光エネルギーをうまくとらえる事も出来なくなるようで、光合成が低下し栄養素を生産する能力も低下してしまいます。トマトの生育不良を招いてしまうことになりそうです。










マグネシウム欠乏の原因は?

20190227_185000.jpg 
トマトのマグネシウム欠乏はマグネシウムが不足しているために起こるのですが、その原因はなぜでしょうか?温室トマトでマグネシウム欠乏が発生した場所は温室内でも比較的温度の低い場所でしたがそれはあまり関係ないような気がします、周辺のトマトの樹には欠乏症状が出ていないからです。他の原因を考察してみたいと思います。






肥糧として与えるマグネシウムが不足しているのでは?

まず考えられるのが養液に含まれているマグネシウムが不足している事が原因として上げられます。トマトに限らず植物が成長するのには必ず必要な栄養素がいくつかあります。マグネシウムがトマトの成長に必要な分だけ足りていない場合、欠乏症状が発生してもおかしくはありません。
温室トマトでは灌水用の肥料分を配合する際に必要な分量を計測してから液肥を作成していますが、うっかりマグネシウムの分量を間違えてしまうことが起こらないとも限りません。それが原因で欠乏症状が発生してしまうことも原因の一つとして考えられます。






カリウム・カルシウムとの間で肥糧分の吸収にアンバランスが生じる!?

マグネシウム欠乏について書かれた書籍・資料などによると、カリウム・カルシウムが過剰に含まれる培地内環境ではマグネシウムの吸収が阻害され欠乏症状が発生してしまう事があるようです。トマトの根が肥料分の吸収の過程でどんな競合が起こっているのかは確認する事が困難なため分かりませんが・・・。
対策としては培地内の肥料分を研究機関などで分析してもらい各種肥料分が必要な量バランスよく含まれているのか調べてもらうのが一番良いかもしれません。










マグネシウムは植物体内を移動する!?

20190227_184940.jpg 

マグネシウム欠乏がトマトの葉に見られる原因に、マグネシウムは植物の内部を移動する事が原因にあるようです。古い葉から新しく生育している葉へマグネシウムを移動させることでクロロフィルに供給するマグネシウムを補う事が目的です。
たしかにトマトの樹の下部にある古い葉は光が当たりにくく光合成によって栄養素を生産する能力は低下していると思います、それよりは新しく若い葉の方が光合成が活発に行われていると考えられるので優先的にマグネシウムを分配させているのかもしれませんね。

 








 

まとめ

マグネシウム欠乏が発生する原因はマグネシウムが不足する事で起こるようです。その要因は様々でトマトの植物生理として発生したり、マグネシウムの供給不足であったり、栽培培地内の肥料の配分であったり。
マグネシウムが不足すると光合成に必要なクロロフィルの活動に支障が出てしまいトマトの生育にも影響します。栽培しているトマトの葉に黄色く黄化している葉を多く見かけるようであれば、対策としてマグネシウムの供給に問題が無いか調べておきたいところです。






コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク

プロフィール

ghtomato

Author:ghtomato
初めまして、温室でのトマト栽培に従事。
設備の老朽化でトラブルの多い日々を記録しています。



詳しくはカテゴリからプロフィールをご確認ください。

プライバシーポリシー