記事一覧

温室トマト 4月の栽培状況

こんにちは。 早いもので4月も終了する。 温室トマトのトマト栽培も5月に入り、いよいよ終盤になる。 4月のトマト生育状況と温室環境の変化をまとめてみたいと思う。 前回3月の記事「温室トマト 3月のトマト栽培状況」 目次 トマトの生育状況 温室環境制御 作業管理 収穫量と相場 まとめ トマトの生育状況 温室トマトで栽培しているトマト 「りんか409 サカタのタネ」播種より42週目生育調査より 1本あたり...

続きを読む

高温期の温室環境制御についての考察  温室トマトVer.1.0

こんにちは。4月も後半に入ってくると日射量の増加で気温の上昇も早い、温室内でも日の出から2時間も過ぎるころには急激に温度が上昇し始める。これからの時期、温室内の温度管理はいかに高温にならないように制御するかがポイントだ。今回のテーマは「温室トマト」においての高温期の温度管理について考察して見たいと思う。目次温度が上昇することはトマトに良いのでは?生産された栄養素の使い道温室環境を制御することは可能...

続きを読む

「風林火山セブン」の生育状況

こんにちは。今回は温室トマトで栽培している「風林火山セブン」の生育状況になります。前期も栽培をしましたが今シーズンも導入しています。ここ数年、黄化葉巻病耐病性トマトを栽培するようにしています、全体ではなく一部の区画ですが、栽培の目的は耐病性品種の生育特性を知るためと、病気が発生した場合の備えです。今シーズンも4月に入り終盤になりましたが生育状況と今後の見通しを考察してみます。過去記事 「風林火山7...

続きを読む

ココスラブ (ヤシ殻培地) 培地の特性と利用方法

今回のテーマは「ココスラブ」以前にも記事で紹介したことがありましたが、もう少し詳しく記事にしてみます。以前に紹介した記事 「ココスラブ (ヤシ殻培地)」温室トマトで実際に栽培してみて気づいたこと、情報を収集して学んだことなど今後も追記していくこともあると思います、参考までにご了承ください。目次ココスラブ(ココピート)の原材料培地の特性と利用方法培地としての注意点使用後の処理温室トマトでの栽培記録 ...

続きを読む

温室トマト 3月のトマト栽培状況

こんにちは。4月になり新年度が始まってますね、暖かい日が続いています。今回は温室トマト3月のトマト栽培状況についての記事になります。前回2月の記事 「2月が早くも終了、温室トマトの栽培状況」目次3月、トマトの生育状況温室環境制御作業管理収穫量とトマトの相場まとめと今後 3月、トマトの生育状況まずは温室トマトの生育状況から・・・生育調査の記録より、(1本あたりの平均)トマトの品種 「りんか409」 ...

続きを読む

ココスラブ(ヤシ殻培地)でのトマト栽培 4月上旬の状況

こんにちは。今回は、温室トマトでのココスラブ(ヤシ殻培地)のトマト生育状況についての記事になります。過去記事 「ココスラブ(ヤシ殻培地)」でのトマト栽培目次ココスラブでの生育状況トマトの根と培地の状態トマトの樹の状態と花芽収穫量まとめ ココスラブでの生育状況まずはトマト生育調査の記録から (1本あたりの平均値)・トマトの品種  「りんか409」  サカタのタネ ・茎の長さ    約5m90cm・葉...

続きを読む

「百葉箱」 温湿度測定ボックスについて

こんにちは。今回のテーマは、「百葉箱」になります。温室環境のコントロールには環境制御コンピュータが導入されている温室がほとんどだ。複雑に変化する温室環境を人間がコントロールするのは無理がある。コンピュータならあらかじめ設定したプロセスにしたがい最適な環境を作り上げることが可能だ。しかし計算に使用する温度、湿度は実際に温室内で測定した数値を使用しているその数値を測定するため各種センサーが収められてい...

続きを読む

防除ロボットのトラブルその2 「共立ロボットスプレーカ ASC102M」

こんにちは。前回紹介した、防除ロボット「共立ロボットスプレーカ ASC102M」のトラブル防除ロボットのトラブル 「共立ロボットスプレーカ ASC102M」停止するための「リミットスイッチ」が水に濡れることで不具合を起こすものでした。今回の記事ではトラブルになる部品は同じ「リミットスイッチ」ですがフロントバンパーの故障を解説してみます。目次トラブルを起こした時の症状トラブルの原因修理の方法① 修理...

続きを読む

スポンサードリンク

プロフィール

ghtomato

Author:ghtomato
初めまして、温室でのトマト栽培に従事。
設備の老朽化でトラブルの多い日々を記録しています。



詳しくはカテゴリからプロフィールをご確認ください。

プライバシーポリシー