記事一覧

トマトの収穫 収穫するタイミングと収穫方法

こんにちは。今回のテーマは、トマト栽培でも大切な「収穫」についての記事になります。目次収穫時期トマトの収穫タイミング収穫の仕方トマトの鮮度の見分け方まとめ 収穫時期温室トマトでのトマトの収穫時期について紹介します。収穫が始まるのは夏から初秋にかけての10月上旬ころから。トマト栽培では一度の収穫で全部取り終わることはなく、長い期間収穫していきます。栽培の方法にもよりますが、温室トマトでは10月上旬か...

続きを読む

トマトが収穫できるまでの積算温度と日数 (温室トマトVer)

こんにちは。今回はトマトが収穫できるまでの積算温度と日数を考察してみた。大玉トマトで平均900℃の積算温度が必要だと言われています。そこで温室トマトでも記録をもとに積算温度を計算し、平均値を作ってみました。目次① 今回の積算温度算出方法② 計算に用いた温室環境③ 栽培管理の状況④ 算出した積算温度と日数⑤ まとめ ① 今回の積算温度算出方法今回、算出に使った計算式はこれです。一日の平均温度(24時間)を(...

続きを読む

防除ロボットのトラブル 「共立ロボットスプレーカ ASC102M」

こんにちは。温室トマトでは病害虫の対策のため、薬剤の散布を行う時もあります。その時に使用する防除ロボット、便利ですがトラブルが起きた時が困り者。今回はこの防除ロボットで起きるもっとも多いトラブルを解説してみます。目次使用している防除ロボットもっとも多いトラブル箇所トラブルの症状と原因トラブルの対処方法まとめ 使用している防除ロボット温室トマトで使用している防除ロボットは、KIORITZ 共立社製の...

続きを読む

このブログについて (プライバシーポリシー)

初めまして、温室でのトマト栽培に従事。設備の老朽化でトラブルの多い日々を記録しています。温室トマトでは設備の故障、機械のトラブルなど可能な限り独自で修理しています。トマト栽培については、収穫量の増加を目標に試行錯誤を繰り返し現在に至ります。間違えている部分もおおいと考えられますので記事を参考にする際にはくれぐれもご注意を。プライバシーポリシー免責事項についてコメントについてアクセス解析について広告...

続きを読む

温室トマトでの遮光カーテン使用例

こんにちは。温室設備には「カーテン」というものがある、保温と遮光の目的に設置されたものだ。温室トマトにも、もちろん装備されている。今回はそのカーテンの使用例をいくつか紹介しよう。目次使用しているカーテン温室トマトでの使用例 遮光と保温温室トマトでの使用例 積雪時の保温温室トマトでの使用例 灌水装置がトラブルを起こしたときまとめ 使用しているカーテンまずは、温室トマトで使用しているカーテンの仕様から...

続きを読む

地盤が下がったことによる温室の気密性の低下

こんにちは。温室トマトでは、以前から地盤が下がっている場所がある、見た目にもはっきりと分かるくらいだ。温室全体ではなく、一部の区画でそれもかなりの沈み込みだ。これによって少々問題が出始めている、そこで今回は地盤が下がり始めた原因の考察とそれによって変化してきた温室環境について話してみよう。目次地盤が下がり始めた原因温室環境の変化温室設備の状況トマトの生育状況まとめ 地盤が下がり始めた原因温室トマト...

続きを読む

トマトの茎を折ってしまったときの対処方法

トマトの管理作業をしていると、うっかり茎を折ってしまうことがある。巻き付け作業など、はじめてのときはよく折ったものだ。経験を積んだ今でも折ってしまうことがある。そんなときの対処方法を書いてみようと思う。目次トマトの茎が折れやすい条件折れた場合の対処法 その①折れた場合の対処法 その②茎が折れることで成長に影響する事まとめ トマトの茎が折れやすい条件トマトの茎が折れやすい条件としていくつかあげてみよう...

続きを読む

手作りロックウールスラブの製作

ロックウール培地を加工して少し短めのスラブを作ってみた。設置する場所が限られたスペースのためだ。今回はそのロックウールの製作手順について解説してみよう。目次材料にしたロックウール製作に使用する道具製作手順ポイントと考察まとめ 材料にしたロックウールまず材料に選んだロックウールスラブだが、今回はGrodan社製の製品を使用した。サイズは長さが1200mm、幅は150mm、高さは100mm、このサイズ...

続きを読む

トマト栽培での養液管理のポイント

トマト栽培で水分管理はとても重要だ、植物が生育するのに水は必要だからだその水を管理することでトマトの生育をベストな状態にするためにも。そこで今回は水分管理をするのに重要な日々の調査を紹介しよう。目次日々の調査調査に使う道具調査するポイントトラブルを未然に防ぐためにまとめ 日々の調査温室トマトでも灌水は自動制御で行っている、あらかじめ水を与える条件を設定しておき条件をみたすと水を与える仕組みだ。トマ...

続きを読む

トマトの収穫量を増加させる秘訣。 生育調査

トマトの生育調査はとても大切な仕事だ。現在の状態を知るのにも今後の見通しを考察するのにも使える。生育調査のデータを残しておけば次回のトマト栽培に役立てることができなにか問題が発生した時の判断材料に使うこともできる。この重要な生育調査に温室トマトで使用している道具を紹介しよう。3~4色ボールペンまずはこれ、記録するには書くものが必要だ。えんぴつ、シャープ、サインペンいろいろ使ってみたが、やはりボール...

続きを読む

スポンサードリンク

プロフィール

ghtomato

Author:ghtomato
初めまして、温室でのトマト栽培に従事。
設備の老朽化でトラブルの多い日々を記録しています。



詳しくはカテゴリからプロフィールをご確認ください。

プライバシーポリシー